結婚式で喜ばれる電報比較サイト

home > 結婚式の電報について > 結婚式電報の文面の書き方

結婚式電報の文面の書き方

 現在日本では連絡を取る方法は数多く存在しており、電報を使う機会もほとんどなくなりました。しかし冠婚葬祭時など改まったシーンでは利用することは今でもあります。その中でも結婚式に参加することができず、お祝いの気持ちを伝えたいという時には結婚式電報を送ることにより、より改まった気持ちを伝えることができます。しかしいざ送るとなれば、日頃送らないだけにどのような文面にすれば良いのかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。近年では電報サービスを行なっている業者は数多く存在しており、それぞれの業者で例文があるので引用すればマナー違反となる心配はありません。しかし例文だけとなれば味気ない文面になってしまったり、他人の電報とかぶる可能性もあるので一言自分の言葉を添えておきましょう。

 お祝いの気持ちをを送るということもあり忌み言葉は使わないように十分気をつけておきましょう。別れを連想させたり、再婚を連想させる内容にならないように書き方には十分注意しておく必要があります。友人や後輩といった立場の人に送る場合と、目上の人やビジネス関係の人に送る場合では、書く内容にも違いがあるのは当然のことであり、特に目上の人やビジネス関係の人に送る際にはマナーには十分気をつけるようにしておきましょう。との場合にも当てはまるのが、送り先には注意しておくということです。電報は披露宴の中で読まれることになるので、送り先を間違えてしまい新たに手配するとなれば間に合わない可能性もあります。送る際には新郎新婦に会場を確認しておくようにし、間違えのないようにしましょう。

 電報サービスを利用する際には、まずは業者に申し込みをしなくてはなりません。業者ごとに料金が異なったり文字数に決まりがあることもあるので、事前に内容はある程度決めておくようにしましょう。電話で申し込むことができる業者もあれば、ウェブサイトという業者もあります。いつから申し込むことができるのかや、いつまでに申し込めば届けてもらえるのかも確認しておかなくてはなりません。結婚式に送る電報は祝いの気持ちを伝えるためにかなり役立つ方法ということは確かですが、文面や送るタイミングなどマナーに気をつけておかないと良かれと思い送った電報が原因となって相手との関係に大きなヒビが入ることにもなってしまいかねません。忌み言葉は使わないと胃最低限のマナーも気をつけておくようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP