結婚式で喜ばれる電報比較サイト

home > 結婚式の電報について > 結婚式の電報における大切なマナー

結婚式の電報における大切なマナー

結婚式に電報を送る時には、たくさんの言葉でも伝えきることができない祝福の気持ちを届けることができます。
メッセージを形にすることで、忘れられないシーンを作ることができます。
人生のギフトとして大きく彩りを加えることができます。
センスやユーモアに力を入れすぎないように注意が必要になります。
さまざまな立場の人が出席しているので、雰囲気を乱してしまわないように特別に配慮することが大切です。
そして、常識をしっかりと抑えてマイナスを連想させる言葉の使用を控えるべきです。
週間や癖で使っているものがそのまま出てしまわないように、文章を書き出して再度チェックすることをオススメします。
また、句読点は区切りや終わりを暗示してしまうことから、使用を控えたほうが無難です。
句読点を使う箇所は空白を使うことがベストになります。



欠席する結婚式には電報を贈ろう

お友達の結婚式に出席したくても出来ない、そんなやむを得ない理由は生きていれば多々ある事です。
世の中を取り巻く環境も、年齢を追うごとに状況が変わって来ますし、欠席するからと言って、関係性が変わってくる訳ではないと信じたいですが、やっぱり参加したい意志はあってもどうしてもスケジュールの都合がつかない時は、後ろ髪をひかれてしまいます。
特に、自分のお式に来てくれた相手に対しては、無礼極まりないなと落ち込んでしまいそうです。
そんな時は、事前にお手紙を贈ったり、電報を会場に届けて、一報サプライズで読んでもらう様にすると良いかもしれません。
姿かたちは違えど、会場に行って、スピーチをしてお祝いの言葉を述べている、そんな雰囲気になります。
せめてもの罪滅ぼしになるとはずです。
気持ちを込めた文章は、主役の二人に気持ちが通じるでしょう。



結婚式に出れないときの電報のマナー

友達からの結婚式の招待状が届いても、都合が悪くていけない事もあります。
そんな時にはお祝の電報を打つのがマナーで、打つ時にもマナーを守って贈らなくてはなりません。
まずお祝の時には使ってはいけない言葉があり、結婚をする二人に切れるや別れるなどはマナー違反になります。
また再婚をイメージさせてしまう言葉を使うのもNGで、重ね重ねやたびたびそしてしばしばなどがあります。
また結婚式が始まる1時間前までに届くようにし、早めに手配をしておく事がポイントです。
配達の1ヶ月前から申し込みをする事ができ、早く申し込むと割引になる場合もあります。
また地域によっては電報の即日配達ができない場合もあるので、結婚式の前日には式場に届くよう手配が必要です。
そして電報の文章がわからないときなどは、様々なタイプを教えてもらう事ができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP