結婚式で喜ばれる電報比較サイト

home > 結婚式の電報について > 結婚式の電報と選び方のポイント

結婚式の電報と選び方のポイント

結婚式にゲストとして招待されたけれど、都合が悪くて参加できなかった場合や、招待はされていないけれどお祝いの気持ちを伝えたいという時に役に立つのが電報です。
メールや電話といった通信機器が発達したいまの時代では、電報を使うことがほとんどなくなりましたが、なくなったからこそより改まった気持ちを伝えることができるというメリットがあります。
しかし一口に電報といっても業者は豊富にあり、新規参入した通信事業会社も増えているのでいざ選ぶとなれば頭を悩ませることになるのは当然のことです。
金銭面の違いはもちろんのこと、申し込み方やいつまでに申し込めば良いのか、そして共に贈ることができるギフトの種類にも違いはあります。
どの業者を選ぶのかによって、送り手側はもちろんよこと受取手側に与える印象にも違いがあるのでよく比較してから選びましょう。



結婚式に出席出来ないので電報を打つ

昨今の結婚式のあり方も、様々な様式があるようです。
相変わらず、一流ホテル等で盛大に挙げられる方々もいらっしゃるようですが、中には、家族婚など言って、親族だけで挙げられる方々も増えて居るようです。
又、海外挙式を選択される方も多いように見受けられます。
一応結婚式を挙げられる場合には、招待状が送られてきます。
その招待状に出席か欠席かを選択して返信することになっています。
事情により、出席が不可能な場合には、電報を打たれる方もいらっしゃいます。
電話帳を見て、参考の文例などを選び、結婚式が行われる式場に送ってもらうように手続きをします。
今はインターネットなどでも手続きが出来るので、その点とても便利になっているように感じます。
そして、何より、電報の種類の豊富さには感動します。
キャラクターのぬいぐるみや、オルゴールや、押し花等、選ぶのも楽しくなります。



結婚式に電報を送る際の注意点とは

現在日本では電話やメールといった通信機器の普及は著しく、連絡を取りたい時にすぐ連絡できるようになったので電報を使う機会はほとんどなくな理ました。
しかし現在でも冠婚葬祭時など改まったシーンでは利用することは珍しくはありません。
その中の一つであり、結婚式に参列できない場合で、お祝いの気持ちを伝えたい時に役立つのが祝電です。
日頃受け取る機会がないからこそ、より特別感があり喜んでもらえますが送る際には注意しなくてはならないこともあります。
まず第一に、送るタイミングがポイントとなってきます。
祝電は披露宴の中で読まれることになるので、遅くても一時間前には会場に届くように手配しておきましょう。
そのためにも、会場の住所や会場名、日時はしっかりと調べて確認しておききちんと披露宴に間に合うように手配しておくことが大切です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP