結婚式で喜ばれる電報比較サイト

home > 結婚式の電報について > 結婚式の電報とギフト選びのポイント

結婚式の電報とギフト選びのポイント

電報といえばメッセージを送るものというイメージがありますが、今の時代はメールや電話をはじめとし連絡を取る手段は豊富にあるので利用する機会はかなり減りました。
しかしその中でも冠婚葬祭時など改まった気持ちを伝えたい時には、利用することがあります。
その一つである結婚式で利用するのが祝電です。
祝電ではメッセージだけではなくギフトを共に贈ることができるのが、近年の祝電の主流となっています。
ギフトを共に贈ることで、より気持ちを伝えることができ喜んでもらうことができますが、様々なギフトの中からどれが良いかをよく考えて選ばなくてはなりません。
ぬいぐるみや花束、バルーンなど送る相手の好みにあっているものを選びましょう。
残るものが良いという人もいれば、残るものは扱いに困るという人もいるのでギフト内容には気をつけましょう。



結婚式のギフト電報のメリットと注意点

結婚式に電報を送る際に、近年ではギフトをセットにしているギフト電報を選ぶことが多くなりました。
ギフトがメインと考える人もいるほど、主流となっています。
よりお祝いの気持ちを伝えやすいというメリットがありますが、注意しておかなくてはならない点もあります。
まず第一に、申し込むタイミングには気をつけておきましょう。
メッセージのみの祝電となれば、前日や当日に申し込んでも間に合うことが大半ですが、ギフト付きの祝電となれば早い段階で申し込んでおかないと届けてもらえないこともあります。
結婚式となれば、早い段階で日程はハッキリとしているので参列することができず、ギフト付きの祝電を利用したいという場合には、早い段階で手配しておくようにしましょう。
どんなに良いギフトでも、当日にきちんと届かなければ意味がありません。



結婚式に電報を送るべきケースとは

結婚式にゲストとして参列する際には当日お祝いの気持ちを伝えることができますが、参列できない場合にお祝いの気持ちを伝える方法として電報があります。
もちろん参列できないからといって必ずしも送らなくてはならないというわけではありませんが、ゲストとして招待されていて参列できない場合には、祝電を送ることがマナーと考えておくべきではないでしょうか。
招待されていない人は送ることができないというわけではなく、招待されていなくても祝電は送ることができます。
ビジネス関係の人や、親戚、友人など祝電を送る相手との関係性によってメッセージ内容や台紙も変えるようにしておきましょう。
良かれと考えてお祝いの気持ちを伝えるために祝電を送るのは当然のことですが、内容でマナー違反となってしまわないように十分気をつけておきましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP