結婚式で喜ばれる電報比較サイト

home > 結婚式の電報について > 結婚式に電報を送る際の宛先とは

結婚式に電報を送る際の宛先とは

結婚式にゲストとして参列できる場合には、その場でお祝いの気持ちを伝えることができますが参列できない時でお祝いの気持ちを伝えたい時には、電報を送るという選択があります。
しかし日頃利用することがないものということもあり、いざ送るとなれば文章を始め歳頭を悩ませることも多いのではないでしょうか。
文章は例文があるので問題はありませんが、宛先にも注意しなくてはなりません。
宛先は連名はもちろんのこと、新郎か新婦どちらか宛でも問題はありません。
関わりがある方を宛先にしておきましょう。
新婦宛に送る場合には、基本的には旧姓で送りますが結婚式以前に籍を入れている場合には旧姓では適していないということもあるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
宛先を間違えてしまうと大変失礼にあたるので、十分気をつける必要があります。



結婚式に電報を送るタイミング

結婚式に参列できずにお祝いの気持ちを伝えたい時に役立つものとして、電報がありますがいざ送るとなればマナーでわからないことも多くなるのではないでしょうか。
電報を送る際にまず気をつけなくてはならないのが送るタイミングです。
基本的には結婚式の前日に会場に届くように手配しておくべきですが、遅くても披露宴が始まる一時間前には届くようにしておきましょう。
結婚式は急遽決まるものではなく、早い段階で日程がわかっていることになるので、参加できないということがわかった時点で祝電の手配をしておくべきです。
数多くの業者がありますが、基本的には届ける日の一ヶ月前から申し込むことができるケースが大半となっています。
式当日に申し込んでも届けてもらえるというイメージがありますが、地域やギフトによっては当日では届けてもらえないこともあるので気をつけましょう。



結婚式の電報のメッセージ内容とは

今の時代は電報を利用する機会はほとんどないということもあり、いざ送るとなればマナーで頭を悩ませるのは当然のことではないでしょうか。
しかし結婚式など改まったシーンで利用する機会はいつやってくるかわかりません。
その際には、ただ送れば良いというものではなくマナーには十分気をつけなくてはなりません。
その中でも重要になるのは、やはりメッセージ内容ではないでしょうか。
忌み言葉を使ってはならないなど、様々なマナーがありますが申し込む際には文例があるので、文例を利用すればマナー違反になる心配はありません。
しかし文例をそのまま使うだけでは、他の人と被ってしまう可能性もあるというだけではなく味気がないメッセージ内容になってしまいがちです。
一言自分なりのメッセージをマナーに気をつけて書き添えておくようにしておきましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP