結婚式で喜ばれる電報比較サイト

VERY CARD(ベリーカード)

  • レーダーチャート

    4

VERY CARD(ベリーカード)は、電報の台紙が充実していて結婚式に相応しい和風や洋風のデザインから、人気のイラストレーターやメーカーキャラクターを載せた物まで幅広く用意されています。ポップアップタイプの立体的な台紙もありますので、結婚式後も飾って楽しんでもらうことも出来るでしょう。電報と一緒に送付できるぬいぐるみやプリザーブドフラワー、バルーンなどの装飾品も多く、相手の好みを考えて選びやすいです。

VERY CARD(ベリーカード)は、台紙だけであれば1280円から2000円台の料金で送付できます。インターネットサービスに限定してることからコスト削減ができ、文字数当たりの課金がありません。リーズナブルな料金で350文字までのメッセージが送れます。幼なじみや親しい方へ、結婚式への心のこもった文章を綴ることが出来るでしょう。

VERY CARD(ベリーカード)は、電報の文例集がサイトに記載されているため、取引先の方の結婚式の電報でも、失礼のないように気を配れます。一部の地域を除いて、14時までの電報申し込みで全国即日配達が可能になります。取引先の方の結婚式の日程が迫っている場合でも、安心して電報を依頼できるでしょう。

電報、祝電、弔電なら電報サービス【VERY CARD】

でんぽっぽ

  • レーダーチャート

    4

結婚式に招待され、その日がどうしても都合がつかない場合には、式に出席できなくても祝電を送っておめでとうの気持ちを伝えることができます。でんぽっぽでは30日前から祝電の申し込みの受付を行っています。でんぽっぽでは結婚式にお勧めの電報をサイト内に掲載しています。

最近の電報は紙の台紙だけではなく、お花やぬいぐるみなど様々なものを送ることができます。でんぽっぽがお勧めしている祝電にもかわいらしいぬいぐるみの電報があります。料金は台紙に送料と文字の料金が含まれているため、文字数分の加算がありません。

でんぽっぽでは午後2時までの申し込みで全国へ最短即日の配達が可能となっています。また東京23区や政令指定都市では有料にはなりますが午後5時までの受付で当日配達をしてもらえます。電文に悩むときには文例集があるので参考にできます。

ハート電報

  • レーダーチャート

    4

祝電は結婚式には出られない人が、お祝いの気持ちを伝えるために送るものです。ハート電報は一般的な文字数での料金は発生しないので、お祝いの気持ちを込めた文を送ることが出来ます。電報は台紙、ぬいぐるみ、ギフト、フラワーギフトと種類も多く自分らしい電報を送ることが可能です。

配送は日本国内に送ることが出来ます。支払いもクレジット、ペイジー、スマートフォンキャリアから後払いコンビニエンスストア・銀行決済も可能です。後払いは手数料がかかりますので注意して下さい。また無料の会員登録すると10%オフになりますので、送る際は検討下さい。

ハート電報はインターネットを利用したサービスになります。24時間365日の電報注文が可能です。電話での依頼は出来ませんので注意が必要です。注文の際の文例もインターネットに文例集が多数載っていますので、安心です。

【ハート電報】

For-Denpo

  • レーダーチャート

    4

For-Denpoは、電報の料金が定額制で、文字料金が追加されることがありません。筒タイプであれば最大350文字まで、カードタイプなら最大154文字までのメッセージが入れられます。心のこもった長文のメッセージで、新郎新婦に結婚式のお祝いの気持ちを伝えられるでしょう。書体は5つの種類の中から自由に選べます。

For-Denpoで電報を依頼する場合、結婚式の60日前から発注できます。日程が分かっている場合には、早めに準備できるので送り忘れる心配がありません。取引先や仕事関係の方が結婚式を挙げると後から知った場合でも、最短で当日配達が可能になる地域もありますので、非常に便利です。

For-Denpoで電報の依頼をするには、インターネットのフォームから行います。手続きは比較的簡単で、入力フォームの案内に従って入力をすればメッセージの作成ができます。インターネットのサービスのため、決済方法が心配になる方もいると思われますが、クレジットカード決済以外に、コンビニ支払いや振込等の後払いの決済手段も豊富ですので、安心して利用できるでしょう。

電報申込サイトD-MAIL

  • レーダーチャート

    3

電報申込サイトD-MAILで結婚式の電報を申し込みすると、19時までの申し込みで当日配送をしてくれます。そのため、お祝いのメッセージを前日でも間に合います。また、会員登録をしていなくても利用が出来るので便利です。

それから電報申込サイトD-MAILは、電報と一緒に贈る商品のラインナップが豊富にあります。通常の台紙はもちろん、キャラクターが付いたもの、ぬいぐるみ、フォトスタンドやブリザーブドフラワー等、様々なものから選ぶ事が出来ます。

また、電報申込サイトD-MAILで結婚式の電報をお考えなら、お届けの3日前までに申し込みをする事で150円割引をしてくれるのでお得に利用する事が出来ます。喜びの気持ちを伝えるにはとても便利です。

結婚式電報を送るタイミングは

 結婚式や披露宴に招待された時に、都合が合わず参加できないという場合や、ビジネス関係の人の結婚で式には呼ばれていないけれどお祝いの気持ちを伝えたいという時に役立つのが結婚式電報です。結婚式や披露宴に参加しない人が任意で送るものであり、送るかどうか決めることができますが、送る際にはただ送れば良いということではなく、マナーには十分気をつけておかなくてはなりません。送る際にまず気をつけておかなくてはならないのがタイミングです。電報は披露宴の中で読まれることになるので、披露宴に間に合うように送らないと意味がありません。間に合わない場合には、無理に送るべきではなく後々お祝いの気持ちを伝えるようにした方が、スムーズであり喜んでもらえます。送るならば間に合わせるようにして起きましょう。

 電報は遅くても披露宴が始まる一時間前には会場に到着するようにしておく必要があります。会場には前日に到着するようにしておくと心配がありませんが、あまりに早い時機に会場に届けてしまうと会場側の手違いで紛失させてしまうというケースもあるので、タイミングには気をつけて起きましょう。結婚式は急に挙げられるものではなく、早い段階からいつ挙げられる会場側の分かっているものということもあるので手配は早くしておくようにしましょう。電報と一口に言っても電報サービスを行っている業者は数多く存在しており、それぞれに異なる点はあります。いつから申し込むことができて、いつまでに申し込めば届けてもらえるのかということも事前にチェックしておくと、確実に電報を披露宴に間に合うように届けられます。

 近年では披露宴は午後から始まることが多いので、当日の朝に申し込んでも届けてもらうことができる業者も多くなりました。しかし中には当日の申し込みは受け付けていないという業者もあるので気をつけなくてはなりません。前日の申し込みならば大半の業者が受け付けてくれます。早い段階で申し込んでおくことによって割引サービスのある業者もあるので、チェックして起きましょう。近年では電報はただ文字を伝えるものというだけではなく、ぬいぐるみや手紙、バルーンなどギフトを共に贈ることができるようになっています。ギフトを贈ることで、より気持ちが伝わりやすく喜んでもらうことができることは間違いありませんが、ギフトを贈る場合には通常の電報よりも早く申し込む必要があるケースが多いので気をつけましょう。

カテゴリ

PAGE TOP